読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まろんけーきの気になる中古車情報

車好きのまろんけーきが気になる中古車をひたすら紹介するブログ

S39 トヨタ クラウンワゴン

f:id:tyuukosya:20170404233712j:plain

ヤフオクで見つけました。2代目クラウンワゴンの紹介です。

サムネはお気に入りの角度、斜め後ろから!

アメ車を意識した頃の車両ですよね。

クラウンの象徴、王冠エンブレムはこの車両からです!

 

1962年10月1日 - 発売。


1963年9月 - マイナーチェンジ。グリルの大型化、バックアップランプを矩形に変更してテールランプと別体化、マニュアルトランスミッションのフルシンクロ化、トヨグライドの完全自動化などが行われた。


1964年4月 - 上級車種の「クラウン・エイト」(VG10型)が登場。クラウン・エイトは通常モデルのボディーを前後左右に延長・拡幅して、日本初のV型8気筒エンジンを搭載した。


1965年7月 - マイナーチェンジ。フロントターンシグナルランプのバンパー埋め込み化や、ブレーキ、ターンシグナル兼用の赤一色の丸形テールランプから、横長のコンビネーションランプへの変更などが行われた。同時に個人ユーザー向けグレードとして、デラックスよりも装備を簡素化した「RS40-B」(後の「オーナースペシャル」)が追加された。


1965年11月 - 直列6気筒SOHCのM型エンジン搭載車を追加[注釈 3]。この6気筒モデル(MS40型)にはデラックスのほかに、フロントディスクブレーキ、ツインキャブ、フロアシフト、タコメーターなどを装備したスポーティーグレードの「クラウンS」も用意された。「クラウンS」に搭載されたM-B型は、通常モデルの105PSに対し、大幅に強力な125PSを発生した。


1966年3月 - カスタム、スタンダード、オーナースペシャルの3グレードに直列6気筒エンジンを追加。


1966年11月 - 最上級グレードとしてパワーウィンドウなどを装備した「スーパーデラックス」を追加。


1967年9月 - MS5#・RS5#型へのモデルチェンジで販売終了。

 

こちらの車両はちょいとカスタムしているカスタム(ワゴン)です。

2代目クラウン。ワゴンは「カスタム」という名称でした。

 改造内容は

 アメリカン スポーツマグ(特注) F 145/65-15 4J -10 R 195/50-15 7J ±0
 F ローダウンサス R 3インチブロック

と車高とアルミをはき替えたくらい。

各署サビが出ているらしいですが、昭和39年式にしては程度は良いんじゃないでしょうか?

f:id:tyuukosya:20170404234249j:plain

フロントマスク、Bピラーからのガラス等、インパラワゴンとか意識しまくりですよね。

ほしい・・・

 

 

f:id:tyuukosya:20170404234419j:plain

ハンドルやベンコラなんかもアメ車そのものです。程度は良さそうですね。

 

f:id:tyuukosya:20170404234453j:plain

エンジンルーム内も綺麗に保たれてます。

価格は250万円!

希少車両にしては安い方じゃないでしょうか?

問題は部品があるかどうかですね・・

page10.auctions.yahoo.co.jp