読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まろんけーきの気になる中古車情報

車好きのまろんけーきが気になる中古車をひたすら紹介するブログ

S48 B110 サニークーペGX5

f:id:tyuukosya:20170111140224j:plain

B10サニーの時代からニッサントヨタの大衆車戦争で生まれた車ですよね

1,000ccエンジンを搭載していた初代サニーに対し、1,100ccエンジンを搭載して「プラス100ccの余裕」のコピーを掲げた初代カローラを意識した発売時の広告コピーである「隣のクルマが小さく見えます」は、良くも悪くもこの時代のメーカーと大衆双方が持っていた上昇志向を象徴するものとして、後年まで広く伝えられている(『絶版日本車カタログ』三推社・講談社68頁参照)。

その大衆車のサニーですがSUキャブを搭載してスポーツモデルGXシリーズが追加されます。

当時4速ミッションが主流でしたが5速MTを搭載したGX5が追加されます。

 GXと言えば今でも楕円LポートのGXシリンダーヘッドは高値で取引されてますよね。

実際にノーマルA12エンジンが68psに対しGXは80psを誇っていました。

シングルキャブ丸ポートとSUキャブと楕円ポートでこれだけ馬力が違いました。

GX5の最大の特徴5MTですがローバック5速と呼ばれ

通常の1速の場所がバックギアで2速の場所が1速です。

これも40年近くなるミッションですが高値取引されています。

f:id:tyuukosya:20170111141807j:plain

TSレースで大活躍した110サニー

今でもTSカップというレースで10000rpmまわして走ってますよね。

ハコスカのGTR仕様みたいにサニーGX仕様

外観はとても程度が良さそうです。

f:id:tyuukosya:20170111142303j:plain

キャブもソレックスに換装されています。

でも一個いただけないのがキャブの下に見えるメクラしたホース

これヒーターにいく水路なのですがメクラされちゃってます。

水路がふさがれちぇってるのでここは直した方が良いかと・・・

販売価格は320万!

いや水路は絶対直してもらいましょうw

日産 サニークーペGX5  (ホワイト)